風俗の楽しみ方

新しいジャンル「人質イメージプレイ」とは!?

以前、職業として風俗ライターをやっていたときがありました。

 

ですので、それなりの知識を有しています。

 

そんな中、印象に残っているイメージプレイがいくつも出てきます。

 

今回、ここで紹介するのは、中でも特に印象が残っている、犯罪者vs人質というシチュエーションです。

 

情報サイト 風俗タイムスで検索して、初めてこのプレイを聴いたときに「どうやってやるんだ?」と非常に好奇心が沸きました。

 

本当に正直な感想ですが、ふたを開けてみれば、拘束されての責め・責められというプレイでした。

 

これで興奮するか?しないか?は人それぞれなので、良い悪いの判断は出来ませんが、拘束プレイをイメージして頂ければ伝わりやすいと思います。

 

 

 

◆基本的に手足拘束の目隠し

 

椅子に手足を拘束された状態で目隠しをします。

 

これで、完全に身動きが取れない状態になり、さらには視覚を奪うという形になるためまさに、よく映画など見るシーンになるわけです。

 

このイメージプレイのサービスを提供していた風俗店が、どちらかというとソフトSM的な趣旨のお店だったので、ここから始まる責め・責められは意外とハードなものもオッケーでした。

 

私は、あまり強い刺激のSMは苦手だったため、そこまで興味を惹かれませんでしたが、このシチュエーションはよいものだなと感じたのをよく覚えています。

 

そのときに相手をしてくれた女性も、五反田 風俗求人で知って興味を持ったらしいですが、まだ慣れていないようすでしたね 笑

 

 

◆犯罪者でも人質でもどちらでもオッケー

 

男性客側が人質として楽しむのであれば、女犯罪者がムラムラしてジラシなどでS的なプレイをするというのが基本論戦です。

 

逆になると、まさに犯罪者のようにイマラチオなどハードなプレイも可能となっていたお店でした。

 

ただ、やはりプレイがハードになればなるほどお値段は高くなるので注意が必要です。

 

スタンダードなコースであれば、ハードなプレイは控えめですが、風俗嬢によっては無料オプションで、ある程度のプレイが出来るようになっています。

 

女性の方で興味を持った方、サービス内容がハードになる可能性がありますので、不安な方は吉祥寺 風俗求人からお店に問い合わせてみると良いかもしれないです。

 

 

◆まだまだ発展途上のプレイという印象が強い

 

正直なところ、まだまだ煮詰めないといけない部分が多くあるなというのが印象です。

 

結局、私はこのお店を利用せずに説明だけを聴いたのですが、いまいち惹かれるものがなかったのです。

 

私個人の性に対する趣味趣向があるので、他の方としたら凄く魅力的かもしれませんまん。ともあれ、いろいろと質問したのですが、曖昧な答えばかりでした。

 

ですので、まだスタッフも手探り状態というのが手に取るように分かりましたので、このような結論にいたっているわけです。

 

調べたところによると、風俗情報サイト デリヘルジャーナルには同じようなプレイを売りにしたお店が何件かできていました。

 

本当に好きな人は好きなシチュエーションなので、もっと煮詰めて発展して行って欲しいとは願っております。